自分で腰痛肩こり改善は保土ヶ谷腰痛肩こりケアセンター

今月の23日に、腰痛肩こり解消の体操教室も無事に終了しました。

4人の患者さんたちが、みっちり、体をうごかし、

楽になったと、喜んでいただきました。

腰痛、肩こり、狭窄症、捻挫、などそれぞれ、今まで悩んだことのある

ところでしたが、これからも、こういうことで悩まないように

1か月に1回運動しています。

来月は、5月28日 土曜日 11時よりです。

お待ちしてマース。

腰痛肩こりを解消する体操は保土ヶ谷区の当店で!

今日は、かなり冷えていましたね。

そんななか、今年初の自分でできる腰痛肩こりケア体操を実施しました。

3人の方と一緒に体操しました。

3人とも、柔軟性のない方でしたが、去年から、5回以上体操をやり

整体を受けてくださり、かなり柔軟性が増えてきました。

どこの部位を伸ばしたいのか?

どのくらいまで柔軟性ができたら、合格ラインつまり

腰痛や肩こりに悩まされることがなくなるのか?

どういうことをすれば、柔軟性や伸びるようになるのか?

わかれば、やみくもに、やらずに柔軟性も付きます。

おまけに、スポーツの動きで苦手な方も、必ず変化があります。

この特殊な腰痛肩こりケア体操は、横浜保土ヶ谷区の当店か

東京水道橋のお店で教室をやっております。

また、来月もやりますよ!

福井県から横浜保土ヶ谷へ引っ越しの肩の痛み

今日お見えになった患者さんは、昨日から右肩の痛みを感じ、訴えていました。

その前から、手首、肘、首、あごに違和感を感じてたそうです。

遠くから最近引っ越しされた方でしたのでストレスもあったのではとのことでしたが

全体の動きのチェックをしてみると、腕や首を以上に動かすと痛みを感じていました。

そのほかの、頚椎症、狭窄症、ヘルニアのテストをしてみたところ、狭窄症や頚椎症の症状も出ていました。

しかし、今の痛みをとることを最優先しながら、全体の関節や筋肉や腱の運動療法を施術した結果、

痛みが相当楽になったそうです。

動くと痛い症状がでていたので、けがをしていることは間違いないですが、けがをしているところを

さらに曲げたり、動かしたりしすぎないように、全体を調整することはできます。

その方をじっくり調べると、股関節は、ズボンがはけるぐらいの曲がりはありますが、あぐらや長座、開脚は、標準の角度で曲げたり、開いたりできていなかったので、下半身の柔軟性は、増やす必要があります。

そうしなければ、肩や首の異常が出る可能性があります。

接骨院に言って、調整はしてもらったものの、良くなる感じがないのは、けがをしていたり、関節や筋肉、腱などの

調整をしてもらわなかった原因もあります。

なかなか今、痛みやつらさが取れない原因は、違う部分や、違う種類(筋肉を柔らかくすることではない)

関節や腱などの要素が原因かもしれません。

ただ、そういう原因の一つには、昔の外傷がほとんど関係あり、今日の患者さんも、3歳以下で転倒しているサインが

ありました。

しかし、改善は必ずできます。

それは、柔軟性やバランスをつけること。

悪い症状でお見えになることが多いですが、これから痛みのない体や悩みのない体を作るには、根本的に悪い部分をみつけて、少しでも改善できるお手伝いができたら、うれしいと思っております。