肩こりは体全体のバランスの整体は腰痛肩こりケアセンター

今日は、少し暖かいですね。

朝晩の冷え込みがあるように、天気予報であるわりに変動が激しい今日この頃。

腰痛や肩こりでもともと、お悩みの方は、かなり調子悪いのではないでしょうか?

よく、ひどい肩こりのお悩みの方も、原因は、体全体のバランスが悪いことを

お伝えすると、えっっ!と驚きます。

肩ばかり今まで、受けていた方には、衝撃的な事実かもしれません。

人間の体は、免震構造になっているので、曲げたらもとに戻るように

なっているはずなのに、外傷があったりすると、戻る遊びがないため(関節の)

頭や肩など遠くを動かしすぎている方が多くいます。

特に、体の柔軟性のありすぎる方は、意外に肩こりがひどい、(首も)中にはいます。

逆に、曲がらない部分を調整することで、曲がりすぎるところは

曲がらなくなるので、体のバランスが整う方もいます。

これは、一度、体のバランスのチェックを受けないとなんとも

いえませんが、

床に手がつかない方

後ろに反れない、反ると首が痛い方

床に座って、肘が太ももにつかない方

開脚すると、肘がつかない方

あぐらをかけない方

しゃがむことができない方

は特に、この時点で、体のバランスが崩れている方です。

痛みが来てからでは、かなりくるしみますので

関節ニュートラル整体を受けることをお勧めいたします。

背中の痛みは横浜関節天王町腰痛肩こりケアセンター

だいぶなんだか、寒ーくなってきました。

ダウンジャケットだと、大げさだし、かといって、半袖は寒いしみたいな陽気ですね。

みなさん、この寒さに体がつらくありませんか?

頭痛も多いですが、腰痛肩こりの後に、背中痛いんですよねという患者さんもいます。

この寒い時期に多いのは、ぎっくり腰ですが、ぎっくり背中みたいな方もいますよ。

基本的には、時間でけがは治りますが、そのけがをかばい

治ったあとの体全体のバランスは、最も最悪になっています。

もちろんケガは、時間でも治りますが、痛みをとるだけでなく

あまりケガの部位を動かしすぎないように、体全体の調整もします。

それには、もともとの体のバランスの個人差があるので

早く治りたい方は、体の固くなる前に、体のバランスを整えるべきです。

 

肩こり 腰痛 保土ヶ谷全身200か所関節調整の整体

毎日、このところ暑い日々が、続き、体の疲れも出やすいですね。

こんなときは、整体でも行って・・・・なんて思っているあなた!

関節ニュートラル整体をお勧めいたします。

揉むことだけではなく、関節の全体200か所が固まって、動きを

制限しているとことがあるのです。

例えば、立ち仕事のかたは、左足に乗ったり、右足に乗ったり、

かばいあうはず。

むくみもでて、足は張ってつらい・・・・なんて方でも

体のゆがみによって、疲れやだるさは、出てきます。

特に、右利きの方は、左足がながく、右足が短いため、どんなに

の長さをそろえても、もとに戻ります。

形や固さにこだわらず、体の動きが変われば、大丈夫です。

そして、関節ニュートラル整体独自の背中の調整で

よく眠れるかたも多くいます。

いつも、仕事や育児、そして、疲れやすい、、そんなあなたにおすすめです!

 

わたくし大川が、担当します!

jibun1

日本大学レスリング部トレーナーは、よこはま腰痛肩こりケアセンター、関節ニュートラル整体!

今週の水曜日、木曜日、金曜日は、レスリング東日本リーグ戦の試合が行われ

ました。

火曜日の夜は、お店での調整後、京王線桜上水まで、日本大学の学生の調整へ。

木曜日は、1日帯同して、またもや、調整でした。

関節ニュートラル整体は、レスリングの学生でも、ご年配の患者さんでも、同じ調整をしています。

スポーツをやっているから、ガンガン調整をするというわけではなく、

大きいけがの予防、そして、可動域や筋力の強化をして、います。

中でも、肉離れをしている学生や、投げられて脇腹や腰の痛みを抱えていた学生も

調整することができます。

もう何年も駒沢体育館にきて、及川先生に教えて頂きつつ、学生を調整したりして

日々、技術を学んできました。

試合結果は、残念ながら4位でしたが、やはり、学生と同じに、いつも私たちも

1日の仕事に、弱い自分と闘いつつ、過ごしていますので、監督やコーチの

集合時の言葉は、自分に言われているかの如くでした。

 

ぎっくり腰は保土ヶ谷の腰痛肩こりケアセンターへ

ゴールデンウィークがもうすぐ終わりに近いずき

最近、ぎっくり腰の患者さんが多くお見えになります。

ぎっくり腰は、筋膜炎、傷があります。

動くと痛み、または、足にしびれなどあり、ひどい人は、動けない状態になります。

それにともない、炎症があるので、必ず、冷やすアイシングと固定することが大事です。

そして、ケガは、時間が経たないと、治りません。

筋膜炎だと3日痛くて、1週間かかります。

ただ、全然動かないで待つということもできないので、

関節ニュートラル整体は、腰も調整しますが、このほかの部位、背中や首、足や手も調整することで

とりあえず、手で支えるとか、動けるように、調整できますし、痛みも軽減することが、できます。

仕事や家事がある場合は、本当につらいですよね。ぎっくり腰でなくても、なんか痛いなんて方も

ぜひ、お問合せください。

お待ちしております!!

自分で腰痛肩こり改善は保土ヶ谷腰痛肩こりケアセンター

今月の23日に、腰痛肩こり解消の体操教室も無事に終了しました。

4人の患者さんたちが、みっちり、体をうごかし、

楽になったと、喜んでいただきました。

腰痛、肩こり、狭窄症、捻挫、などそれぞれ、今まで悩んだことのある

ところでしたが、これからも、こういうことで悩まないように

1か月に1回運動しています。

来月は、5月28日 土曜日 11時よりです。

お待ちしてマース。

腰痛肩こりを解消する体操は保土ヶ谷区の当店で!

今日は、かなり冷えていましたね。

そんななか、今年初の自分でできる腰痛肩こりケア体操を実施しました。

3人の方と一緒に体操しました。

3人とも、柔軟性のない方でしたが、去年から、5回以上体操をやり

整体を受けてくださり、かなり柔軟性が増えてきました。

どこの部位を伸ばしたいのか?

どのくらいまで柔軟性ができたら、合格ラインつまり

腰痛や肩こりに悩まされることがなくなるのか?

どういうことをすれば、柔軟性や伸びるようになるのか?

わかれば、やみくもに、やらずに柔軟性も付きます。

おまけに、スポーツの動きで苦手な方も、必ず変化があります。

この特殊な腰痛肩こりケア体操は、横浜保土ヶ谷区の当店か

東京水道橋のお店で教室をやっております。

また、来月もやりますよ!

時間が経っても治らない腰痛は、横浜腰痛肩こりケアセンターへ

風邪の人、アレルギーの人、いろいろな方が症状を訴えている今日この頃。

この中でも、いくら時間が経っても、腰が改善しない方がいます。

この原因は、ほとんどが関節の200か所の1mmの弾力(バネ)がないことが原因です。

そしてもう1つは、けが。けがは時間で治るので、ある一定の時間がこないと治りません。

ただしこの2つの場合は、けがや腰以外の関節を調整することで、痛みは和らぎます。

例えば、背骨、首、足など。

最後に怖いのは、病気になっている可能性。これは、いくら調整しても、原因が違うので、

よくなりません。

早く原因を見つけて、それに対してのアプロ―チをしなければ、いたみは改善しません。

私も、耳鼻科へ行って、すぐ原因がわかり、内科に行って尿で白血球が少ないのも

わかり原因がよくわかりました。

時間が経ってもわからないのは、本当に不安ですよね。

でも、心配しなくても、8割は、関節の問題にあることがおおいのです。

今日は腰痛肩こりケア体操の日

あいにくの雨でしたが、本日は、自分でできる腰痛肩こりケア体操を、ここで実施しました。

3人の患者さんと体操をやりましたが、1人の方は、肘の痛みや足首痛み、そして、肩こりや耳鳴りまである患者さん。

もう一人の方は、数年前、腰痛がひどく、何度もぎっくり腰をやっていた方。

3人目は、小学校のころ、背骨を骨折したことがあり、首が常に痛くて、ずうーっと、つらい思いをしていた方。

2人は、3回目、もう一人は、7回目ですが、3人とも、体操をすると、柔軟性も良くなり、おまけに、腰痛や肩こりの痛みが

改善されます。

いつもお伝えしているように、体が、中華料理店の厨房だと考えたら、汚れがもともとひどい、油汚れがこびりついているような

感じは、すぐにとることは、できませんよね。ちなみに、お掃除本舗に行くと、12万くらい出すと、きれいになりますよ!!

体の調整も同じく、厨房の汚れがだいぶ取れても、常に、掃除する癖をつけるのは、体も一緒なのです。

その汚れがひどくならなければいいのですが、どう見ても、汚れがたまりそうな体の曲がりや曲がれないところがあれば

お部屋の隅にたまるほこりのように、体もどんどんよくは、なりません。

汚い言い方にはなりますが、自力で汚れをとるのが、自分でできる腰痛肩こりケア体操なのです!!

本当に素晴らしい体操です!!

腰が2か月前から痛い

今日、患者さんの紹介でお見えになった方は、2か月前から、腰が痛く

少し良くなってきましたが、床に座ると、痛みがでるとのことでした。

実際に、体の柔軟性や足の柔軟性など調べてみると、とても足を延ばして座る

(長座)をすることができないくらい、体が硬かったのです。

仰向けになり、ベットや床に背中やおしりをつけたままで、足を上げてみると

90度足が上がらない状態でした。

その状態ということは、足を延ばして座ると、背中やお尻を曲げて座ってしまい

お尻を昔、強打した部分に当たり痛かったのです。

今回の場合は、腰の肉離れになり、傷口が開くたびに、痛みがでていました。

傷の開かないように、固定(テーピング)そして、冷却(炎症を冷やす)

そして、腰以外の不具合のある、肩、首、下肢、背中の関節の調整をして

ほかの部分に、分散できるように、調整すると、床に座っても痛みは

なくなりました。

ただ、この腰の場合は、急性痛、原因のある痛みなので、

時間がかかります。

しかし、前回のブログでお話したように、ラーメン屋さんの厨房の油の

汚れを取るように、体全部の大掃除をして、次にケガの起きるのを防ぐ

ことが、できますよ!!