横浜腰痛女性専門は横浜腰痛肩こりケアセンターへ

だんだん、お彼岸になると、涼しくなってきますね。

昔、おばーちゃんが、暑さ寒さも彼岸までと言ってました。

こんな気温が変動すると、やはり、気になるのは、体の痛み。

腰痛のある方は、悩みの種だと思います。

腰痛も、原因のある痛みが必ずあるはず。

それをしらなければ、どこへ行っても、一向に良くならず。

患者さんでも、針、カイロプラクティック、マッサージや整体には、行ったが

すぐもとに戻ると言っています。

では、戻る原因は何か?

急性痛、慢性痛の両方が考えられます。

急性痛は、原因のある痛み。

寝違えやぎっくり腰、ヘルニア、狭窄症など・・・・。

時間でよくなる痛みですが、これも、病院へ行ったり、接骨院へ行っても、原因が

わからなければ、良くなるはずはありません。

慢性痛の場合は、時間は関係ありません。

例えば、じっとしていると固まり、動くと楽になるとか。

この場合の考えられる原因は、関節の遊びや筋肉や腱の拘縮などの問題が多くあります。

関節に関しては、動く範囲は正常なのか?

筋肉や腱が固まり、正常になっていないのか?

関節の覆う膜があります。

1皮膚及び皮下組織

2筋膜

3活動筋と支持筋

4血管と神経

5分節軟骨を伴った滑膜関節と靭帯

6椎間板

この膜に問題があれば、慢性痛は、100%改善します。

まず、今抱えている、原因はどこからきているのか、しっかり知って

改善と予防をすることがもっとも大事なことです!!

このエントリーをはてなブックマークに追加